あなたも常免疫力と健康用ケア液は良い習慣?

は、日常生活で多くの女性が使うと、介護液、良い習慣になるということです.女性も少なくないと間違った護理液は女性の第二道処女膜は、女性包治百病の特効薬など.こんなにも、これも誤解.以下は小編集6大落とし穴は女性が看護液の誤解をしている.

1:(p 1:1:看護液予防性病予防性病

医は健という人には、健という人は、性病を予防することはできません.淋病のびしょ濡れ球菌、梅毒の梅毒螺旋体、甲高いコンジロームの乳頭腫ウイルスなどは直接子宮頸に伝播することができ、子宮腔内にも入る.そのため、後には各種の液体で腟を洗い流して腟を洗い流して,これらの病原性物質を洗浄することはできません.

は性病を予防するには、最良の方法は、それは、コンドーム、または使用されている場合は、とにかく、使用されている性病.

P2:介護液が炎症を誘発する

女性って心配して保健類護理液を破壊して自身の防御の機能,免疫力と健康、かぶれ、実はこれは1種の誤解しさえすれば、この種類の製品のPH値を定義4-4.5の間で、人体に接近PH値は、破壊のない、もちろんきっと洗浄.

の落とし穴3:中薬草を添加してもっと

を添加してPには、解熱、解毒、抗炎症作用がありますが、医師の指導において使用しています.また、薬草は保存期間が短く、黴が変質しやすくなり、このようなローションが使用後にかえって有害である.特に現在、一部の不法製薬工場は化学成分に漢方薬の液体の達成ある治療の目的は、消費者と関連している患者の警戒心を起こす.

落とし穴の4:過マンガン酸カリウム溶液殺菌

の正常な情況の下で,膣内に大量に存在していた膣菌、それらは細胞の中で貯蔵のグリコーゲンを分解して乳酸、膣内形成一種の酸性環境のために各種病菌の生長の繁殖.もし頻繁に使用過マンガン酸カリウム溶液洗浄と、大量の膣菌を殺すために、酸度を変えるということによって、この一線は破壊され、病菌が揚げ足を取る婦人科の疾病を引き起こす.

過マンガン酸カリウム使用時間が長すぎて、皮膚が乾燥しやすく、皮膚のかゆみ.標準で薄め、濃度は1:5000または粉末が完全に溶解し、陰門、陰門、か弱いの皮膚と粘膜を腐食します.

Pとは、アルコールで陰門を洗うについては、婦人科に病気になった時、ローションを使用していた(P、<は、子宮頸部びらんを治療する場合、膣粘膜組織と回復自己清潔システムに注意しなければならないと注意しています.看護と治療では、膣粘膜を保護し、自己メンテナンスシステム.だから治には

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です