喫煙の悪影響について

喫煙には体には悪影響しかありません。それがたばきが燃やした煙には4000種類以上の化学物質が含まれています。そのうち、発がん性物質は60種類もあります。

例えば下記の化学物質:

アセトン:ペンキ除去剤にも含まれています。

ブタン:ライター用燃料にも用いられています。

ヒ素:アリ殺虫剤にも含まれています。

一酸化炭素:車の排ガスに含まれてます。

以上の化学物質はただほんの少しです。タバコを吸うとこういう有害な化学物質がすっているとほぼ同じです。

また以上の有害物質は肺胞から主に吸収され、口腔、気道、腸管の粘膜から吸収されています。

喫煙による主な急性影響には下記にあります。

呼吸器系:咳や痰などが出る他、呼吸器障害による息切れ

循環器系:血圧上昇、呼吸困難、心拍数増加、心筋梗塞,脳卒中、末梢血管収縮、循環障害(手足のしびれや冷感、肩凝り、まぶたの腫れなど)

消化器系:喫煙で葉が黄色くなり、歯周病にも罹りやすくなり、消化不良や食欲低下、口臭、下痢や便秘、胃、十二指腸潰瘍など、

中枢神経、感覚器系:睡眠障害

その他:体重減少、運動能力の低下、肌荒れ、胎児への影響など

以上の他に、もし喫煙者が女性の場合には、子宮頸がん、妊娠、出産への悪影響にもあり、乳幼児突然死症候群、骨粗鬆症などにも罹りやすくなります。

出典:「禁煙対策情報収集所」http://www.alexandriayrs.org/

☟女性不感症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です