幾免疫力と健康何惊梦

はいつもこのようにして類の夢:知って堂試験が、ビルの中には、自分の教室が探し出せないで、さもなくば教室に入ってきた、先生が来ましたが、自分がこれまでにないこんな授業もない教科書、席にまた、心の中でまた恐らく.

そして最も常に夢見た一種のは:本を出したが、上の字を一人も見て分からないで、ほかの人はきっととても.先生が私を叫ぶのは立ち上がって、私は絶句し、声が出ない、すべての学生は振り向いて、一種の冷たい、軽蔑の目で私を見て、夢の中でも震えて発起.

目覚めた時はいつも発見全体の人の緊張を見るまでは、良い半が息を吹き返すよう、心をおさえて一緒に重いもの、深呼吸を何度も好転してこそ、完全に回復して.目が覚めたら、そっと夜の景色の中で、自分のベッドの上で嬉しくて笑って、喜んで、彼らはやっと成長した.

やっと成長して、やっと離脱苦界ました.あの苦界のような、悪夢のような時代に、数学の授業、物理の時代、私はついに帰ってなくても.中学二年生で、私は香港から考える連合入社編入生の試験に合格し、当時の北次女(現在の中山女子高)から、私の最も深刻な日々.おかしいのは、香港の小学校時代、私の頭は、算数の授業がと、しかし、北の2の女性に入った後、数学の先生が教えたもので、私はないように分からない.

あれは1種のとても辛い味:先生は台の上で喋り、クラスメート、台の下に聞こえる興味深い、私は一人でぼんやり座っていると、目の前に並べた一冊の難解な書物.私は努力を見たくて、しかしどのように聞きたくもない、あの世界に.私ができる唯一のことは、ペンで難解な書物に絵を描く.一学期を描いて、1本はいっぱい絵の幾何学あるいは代数、うちに先生の補習を驚かす、わざわざ持って彼の学友に本を.あれは理工学部の男子の見て、忘れられない、早く二十年ぶりの、ある人は私の名前を覚えて、また走ってきて私に教えて、彼らはその年あった私の数学の教科書.

もちろん、二十年後に出会う時、これらの事が本当に価値があるといえば笑って1回.でも、その時には、私は座って窓の外のいっぱい夾竹桃教室でのその時、気持ちが全然違う.

その時、数理科の成績のいいこそ、学生の羨望良い学生で、文係ほどいい人、もし数理差、クラスで容易に頭を上げて.ある日、私は得全中3の国文読書試験の第1名、名前を公表し、物理の先生は授業の時、1種のとても殘念な口調で言う:

「惜しいですね!国文学では通、どう物理じゃないですか?本当に惜しいですね!>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です