腎臓の免疫力と健康びくびくするさまざまなので腎臓を補って強い腎臓マッサージ運動

 腎臓は、私たちは常に精力旺盛な重要な臓器で、一般的には女性と男性のほうが比較的に弱い、陽に加え、仕事と家庭の圧力、寒い食、あるいは長期にわたりクーラーの仕事の環境の中で、容易に形成腎虚、最後に早老.もちろん、腎臓のびくびくするいろいろな症状.腎臓のびくびくするに直面して、何とか腎臓と予防?私たちでしょう.

注射をしないで、薬を飲みません腰部マッサージ体操

腰マッサージ1、2手のひらは、手のひらに対して暑い後、それぞれ腰、手のひらは皮膚に、腰をマッサージすると腰が腰部、熱感まで.朝晩各1回、それぞれ約200回.この運動は腎臓の息をすることができる.

に、両手を握りしめ、腕で親指の掌から二関節突出部、自然腰眼マッサージ、内側リング回転マッサージし、次第に力を入れて、甚だしきに至ってはSuanzhang感を持続マッサージじゅう分ごろ,免疫力と健康、朝、昼、夜の各1回.

土踏まずマッサージ法

土踏まずマッサージ法

湧水穴直通腎臓、足の裏には足の泉穴法は浊气低下の場所.よくマッサージ湧水の穴、しかし益の精は腎臓を補って、体を鍛えることを防止して、健康を早く老衰して、舒肝明目、促進睡眠、腎虚によるめまい、不眠、耳鳴り、喀血、鼻づまり、頭痛など一定の治療効果.足裏マッサージの方法は:毎日寝る前にぬるま湯で足を浸して、更に手同士擦热後、左手で右手右足心心マッサージ、左足心心マッサージ、毎回ひゃく以上をこすって熱足を宜.適用が強い腎臓滋陰逆上をとる効果、中高年にありふれた虚热症効果がたいへんよい.

に強い腎臓の健康体操、<
早漏;P>に強い腎臓1、正座、両足は自然と離れ、肩と広い、両手は肘側にあげ、指を伸ばし、二耳と平.そして、両手に挙げ、2あばら部にはある程度リミックス度,そして復元.一度3~5回としても、毎日酌量に3~5回もできる.動作の前に、全身でリラックスして.両手に息を吸って、復元された時に息を吐き、しかも力は大きく、過猛に.その動作が活動をしながら、暢達筋骨経絡、気丹田に、若い、体が弱くて、息が続かない者を緩和作用.

は2、正座、左腕は肘を屈て両足の上に置く,右腕は肘、手のひらは上に、放物のアクション3~5回.放物動作したとき、手には少し早い上空トス、動作、手を下ろさに息を吸い、復元に呼気.この動作の作用は第一動作と同じだ.

正座、正座、両足は自然に垂れ、先に3~5回くらい体を回転する.そして、両足は10回振りし、個人的に体力によって、適宜増減をします.動作時は全身リラックス、動作は自然、緩和、体を回転する時、胴体は正直、一挙一動.この動作は活動の腰のひざ、益の腎臓に強い常练腰、このアクション、腰、膝が鍛えて、腎に有益.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です